銀行カードローンの特徴について

カードローンを利用出来る人は、年齢が満20歳以上、安定した継続収入があり、保証会社の保証を受ける事が出来ると言った条件を満たしている人になります。成人を迎えている、金額に関係なく収入がある、保証会社の審査に通過出来ると言うのが基本的な条件になっているわけです。金額に関係なく収入があると言う点においては、年収が幾ら以上なければならないと言う条件になっていないため、アルバイトやパート収入の人でも申し込みが出来るケースがありますし、中には専業主婦の人でも配偶者が基本条件を満たしている人であれば、上限が決まっているものの申し込みが出来る銀行のカードローンもあります。

銀行のカードローンの場合は、総量規制の対象外になるので専業主婦でも申し込みが可能なのですが、消費者金融などの場合は総量規制により、無職の人への貸し付けが出来ない事になっています。尚、基本条件以外にも、諸条件をクリアしないと申し込みが出来ないケースもあります。銀行は信用を重視する金融機関であり、前年度の年収が300万円以上や400万円以上の人だけが申し込みが出来るローン商品、勤続年数が2年以上なければ申し込みが出来ないカードローンもあります。前年度の年収や勤続年数と言う条件が追加になる分、ハードルが高めになると感じる人も多いかと思われますが、こうした条件をクリアしている事で、低金利ローンの利用が出来るなどのメリットもあります。更に、給料の振込み先に指定している、公共料金の自動振替を利用しているなどの場合、店頭金利から数パーセントの金利引き下げが行われるなど、使う側にとって魅力的なサービスを行っている金融機関も多くありますし、中には住宅ローンを利用している人だけが申し込み出来るカードローンを用意している銀行もあります。こうしたローン商品は条件をクリアしていないと利用は出来ませんが、条件がマッチしている人にとってメリットが大きいと言えましょう。