カードローンの借入限度額について

現在、総量規制によって、カードローンは年収の3分の1以上の借入れが原則禁止されています。年収500万円の方であれば、借入れは166万円までしか出来ません。これは、1社からの借入額というわけではなく、複数の会社から借入れがある場合は、その合計金額になります。年収が500万円の方が、カードローンで1社から100万円を借りていた場合は、他社からは66万円以内の範囲でしか借り入れをすることはできなくなります。これは貸金業法によって定められていることなので、致し方がないことです。

ですが、総量規制には、除外と例外の規定が設けられています。すでに、カードローンで年収の3分の1以上の借り入れがあった場合でも、住宅ローンや自動車ローン、高額の医療費ローンなどは総量規制の対象外になるので借入れは出来ます。また、おまとめローンや借り換えローンなどで金利が下がり、わたしたちに有利になる借り換えの場合は、総量規制の例外になります。おまとめローンとは)この他、収入の専業主婦(主夫)の方は、配偶者の年収と併せた3分の1まで借り入れが出来ます。個人事業主の方にも例外規定があります。ここまでの話は、消費者金融のカードローンの話です。貸金業法で総量規制を受けるのは、消費者金融になります。しかし、銀行系のカードローンは、銀行法によって営業しているので総量規制の対象外です。このため、銀行系のカードローンでは年収の3分の1を超える借り入れが可能になります。年収の3分の一を超える借入れを検討している方は、銀行カードローンの利用がおすすめです。こちらでは、利用額によって金利が変わり、借入額が大きくなるほど金利が低くなるメリットもあります。また、すでに、借入限度額に達している方は、銀行のおまとめローンを利用してみてはいかがでしょうか。今までの融資をお金と新しい借入れをひとまとめにしてしまうのです。おまとめローンにすると金利面でもおトクになります。